実は低くない?カードローンの金利

銀行カードローンの金利は、金融業者の中でもっとも低いとされていますが、実際には低いところが多いというのが正解です。大手銀行カードローンの多くは、最高金利を14%台に設定しているところが多くあります。しかし、中には消費者金融並みの金利に設定しているところもあるのです。
例えば、レイクのカードローンは最高金利が18%となっており、消費者金融とほぼ変わらない数値です。低金利という面では少々不利ですが、レイクの場合はサービスでそのデメリットを補っています。無利息期間サービスや消費者金融であった頃に培ったノウハウを駆使して、銀行ではまだ少ない即日融資にも対応できるようになっています。次に高いのはオリックス銀行カードローンで最高金利17.8%となっています。しかしオリックス銀行カードローンの場合、100万円を越える借り入れをしたときが本番といえます。またジャパンネット銀行の口座を振込先に指定した場合は、即時融資が可能になるなどのメリットもあります。
金利が低い方が利息は少なくなるので、長期利用する際にはやはり低金利な物を選んだ方が負担は少なくてすみます。しかし総返済額は金利だけでなく、返済回数や返済金額にも左右されます。小さな金額で長々と返済していると、月々の負担は軽くなりますが、利息はその分余計に支払うことになるのです。この場合、たとえ金利が低くてもあまり負担の軽減にはなりません。そのため、金利だけでなく、最低返済月額や返済回数などにも気を配る必要があるでしょう。また短期返済を目指すなら、繰り上げ返済や一括返済が可能であるかは必ず確認しておきましょう。銀行によっては繰り上げ返済や一括返済が不可、あるいは手数料がかかる場合があります。
金利が低いところを選ぶのは常識といえますが、銀行の場合は消費者金融のように最高金利だけを比較すればよいわけではないところに注意が必要です。オリックス銀行カードローンのように、100万円以下の借入の場合は不利になりながらも、100万円以上の借り入れで有利になることもあるからです。それぞれの公式ホームページで、価格帯ごとの金利を確認・比較するようにしましょう。
詳細:http://cardloansinsa.web.fc2.com/